Windows10のコンテキストメニューを開くのが遅い場合の対処法

>Windows10のコンテキストメニューを開くのが遅い場合の対処法

Windows10のコンテキストメニューを開くのが遅い場合の対処法

自社内のWindows機のトラブルです。解決に至るまでを書いてみました。誰かの助けになれば幸いです。

最近のWindows Updateの後、ファイルのコンテキストメニュー(右クリックのメニュー)を開くのに1分もかかってしまう原因不明の症状。計測してみると52秒でした。アップデートの前までは一瞬だったのが、突然です。フォルダの場合は問題なく一瞬で開くのに対し、ファイルの場合はtxt, exe, pngなど拡張子の種類を問わず時間がかかってしまいます。

コンテキストメニュー(右クリックのメニュー)内のあらゆるメニュー(ツール)を疑い、地道にアンインストールしていくもダメ。
それでも消えない項目は、レジストリからいじって無理やり減らすもだめ。せいぜい52秒が51秒になった程度、

その他、関係しそうなあらゆるアプリケーションのアンインストールもだめ。
レジストリいじってもだめ。
度重なる再起動も意味なし。
あまりやりたくなかったWindowsのリフレッシュ・・を試してみようかとも思いましたが、Windows 8/8.1の「リフレッシュ」機能はWindows 10では”Reset(リセット)”となり、インストールしたアプリケーションのほとんどは残らず、なぜかウィンドウズのバージョンを戻されてしまうてしまう模様。これはかなりリスキー。

結構時間使ってしまいました。2時間ほど粘りましたが、まるでダメ。

解決できた!

そこで、Windowsで処理中のプログラムの詳細なログを見てみることに。

[Windows]+[X]キーでEvent Viewerを開き、中々分かりづらいですがログを見ることができました。

Untitled

右クリックのコンテキストメニューを開く、を試していた時間帯に集中して、赤いバッテンのエラーマークが。エラーマーク

Faulting application name: devmonsrv.exe, version: 1.3.0.117, time stamp: 0x4eb1500e
Faulting module name: devmonsrv.exe, version: 1.3.0.117, time stamp: 0x4eb1500e
Exception code: 0xc0000005
Fault offset: 0x00040898
Faulting process id: 0x1a6c
Faulting application start time: 0x01d138c46ee9bbd1
Faulting application path: C:\Program Files (x86)\Intel\Bluetooth\devmonsrv.exe
Faulting module path: C:\Program Files (x86)\Intel\Bluetooth\devmonsrv.exe
Report Id: fe2daedc-45bd-43be-ad34-ce340627a288
Faulting package full name:
Faulting package-relative application ID:

ここで、*.exeファイルを探すと、
devmonsrv.exe
上記が見つかります。気のせいでしょうが、名前からしてどことなく禍々しい雰囲気を感じます・・
調べてみると、Bluetoothと関連のあるファイルの様子。

“C:\Program Files (x86)\Intel\Bluetooth\devmonsrv.exe”

場所は上記です。(個人個人で異なります)
これを削除したら、一瞬で解決、0.01秒ほどで開くようになりました。
この記事が困っている誰かの参考になれば幸いです。

2017-02-21T15:45:22+00:00 2016.01.02|

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。