Jリーグもいよいよ佳境

2015.10.25

>Jリーグもいよいよ佳境

Jリーグもいよいよ佳境

2015年のJ1もいよいよ残り2節となりました。毎年この季節はJリーグに釘付けです。土曜日はJリーグ曜日のため、基本的に用事の誘いは断ることにしています。

さて、今年のJ1は開幕から浦和レッズが絶好調・・だったはずが、終盤での失速で、残り2節を残して年間勝点65で並ぶ首位の広島と浦和は優勝が読めない展開となりました。今年も日程くんの仕事ぶりはすごいですね。

近年、J1では上位争いのチームがほぼ固定となってきました。鹿島、浦和、川崎、大阪、広島。過去数年でもほとんど同じように思います。今シーズンのJリーグのキーワードとして、個人的には「フロントの優劣」を挙げたいと思います。惜しくも降格が決定してしまった清水をみても、フロントの状態は如実にチームへと反映されます。個人的には田坂監督はむしろよくやっていたのではないかと考えています。上位のチームは軒並み、監督や選手が優秀な以前にフロントが優秀であり、メディアもそれを取り上げています。世間の目が表面的なものでなく、チーム経営のビジネスそのものに向きはじめていることは日本のサッカー文化の大きな進歩なのではないでしょうか。

1024px-Saitama_Stadium_Panorama(1)

さて、ここで今シーズンのJを総括。

FC東京は前節の浦和戦はすごい試合になりました。後半はまさに太田のクロス祭り。高秀先生の意地の2得点。中島の成長ぶり。最後のシーンは正直PKだったので4-4です。正直、来シーズンの優勝候補の筆頭はFC東京だと思っています。堅守からカウンターで一気に牙を向く攻撃スタイルは広島に似ていますね。斜めの攻撃が速いからこその見ていて楽しいキレがあります。FWの東はここで決めなきゃ、を外すくせに、これ決めるんだ、みたいなゴールが多いイメージです。個人的にはもう一皮向けて欲しいところです。来シーズンは前田・中島の調子次第、あるいは他のFW次第でしょう。高さのある外人が入ると怖いと思います。

ガンバ大阪はACLの過密日程がなければ優勝していたでしょう。順位や状況がどうあれ、ガンバはやはり骨のあるチーム。長沢は清水から移ってきて大正解でしたね。広島的にどんなにベストコンディションでも大阪にはあまり勝つ予感がしません。次節11/7はG大阪戦。3時間前から画面の前で正座して待つ心構えです。

浦和は来年は湘南の遠藤を補強するようなので、センターバックの槙野を含めてDF陣の競争が増してより強固になりそうです。鈴木啓太が出て行ってしまうような記事を最近目にしたので、もしそうなら残念ですね。ペトロビッチの続投はまだ出ていませんが、どうなるのでしょうか。残り2節次第としかいえません。1stステージの浦和は一時期の横浜のような、必ず終盤で引き分け以上に持ち込むような粘り強さが見られました。次の川崎戦は大久保が出場停止なので浦和有利かもしれません。最後の神戸戦まで目が離せませんね。

サンフレッチェ広島ファンの自分にとっては嬉しいシーズンが続いていますが、広島万歳の記事だとつまらないので、他チームを褒め称えてみました。サッカー好きな方がもしいれば、機会があれば一緒にスポーツバーでJリーグを観戦しましょう。

2017-02-21T15:45:22+00:00 2015.10.25|

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。