https通信でサイトの表示速度が低下する問題の実験

ウェブサイトをSSL化することにより、表示が遅くなると感じることがあります。HTTPS通信の原理から考えれば、公開鍵・秘密鍵の暗号化・復号化などでHTTPと比べ手間のかかる通信手段のため、当然といえば当然なのですが、実際にどの程度読み込み速度が低下するのかの、実験検証を行ってみました。

実験環境

サーバ環境

  • Amazon Web Service
  • EC2
  • CentOS
  • Kusanagi (WordPress)
  • SSL (Let’s Encrypt)

アプリケーション環境

  • プラグインのみ、全て削除した状態
  • テーマはデフォルトのTwenty Nineteen
  • コンテンツなど、その他全て初期状態

その他

  • リダイレクトは行わず、httpでもhttpsでもどちらでもアクセス可能な状態
  • 作成して間もない状態

実験結果

(1) Google PageSpeed Insightsによる分析

http


https

(2) DevToolsによる検証

http

https

下部の

  • Finish
  • DOMContentLoaded
  • Load

の3つの値は更新する毎に変化しますが、いずれの場合でもhttpの方が早い結果となりました。
また、コンテンツのダウンロード速度の項目に関しては、同じファイルでもhttp通信とhttps通信で結果が異なり、https通信の方がダウンロードサイズが小さくなり、ダウンロード速度は増加する結果が得られました。

 

2019-02-19T21:33:08+09:002019/02/12|カテゴリーなし|