AWS+EC2+CentOS+Kusanagi+WordPress+Let’s Encrypt (8/8)

>AWS+EC2+CentOS+Kusanagi+WordPress+Let’s Encrypt (8/8)

AWS+EC2+CentOS+Kusanagi+WordPress+Let’s Encrypt (8/8)

ダッシュボードには、以下のようなセキュリティ上の警告が表示されています。まずは一つづつ処理していきます。

wp-config.php exist in the public folder. Please move wp-config.php to DocumentRoot and improve security. 

まずは wp-config.php をkusanagi_html ディレクトリまでつまみ出します。

このタイミングで、wp-config.php の設定も同時に行っておきます。

define('FS_METHOD', 'ftpsockets');
define('FTP_HOST', 'localhost');
define('FTP_USER', 'kusanagi');
define('FTP_PASS', '*********');

先頭の#を取り、kusanagiパスワードを設定しておきます。

次に、wp-config.phpのパーミッションを440に変更しておきます。

cd /home/kusanagi/***
chown kusanagi.www wp-config.php    

chownコマンドにて、オーナーをkusanagi.www へ変更しておきます。

最後は wp-content ディレクトリのパーミッションを755に変更しておきます。


これで全ての項目が緑になり、セキュアな状態となりました。

2019-01-13T18:25:23+00:002019.01.13|

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。