インターナショナルターゲティングのエラーと対処法

>インターナショナルターゲティングのエラーと対処法

インターナショナルターゲティングのエラーと対処法

インターナショナル ターゲティング 場所や言語設定に基づいたターゲットユーザーの設定 「サイトにhreflangタグがありません。」 Googleでは、hreflangタグを使ってユーザーの言語設定に合う言語のページを表示します。

ある日開いたグーグル・ウェブマスター・ツールでのこんな表示。原因は、新しく増えた『インターナショナル ターゲティング』という項目です。単純にhreflangタグの有無、つまりは多言語サイトである場合の構造上の問題点を指摘してくれるありがたい機能です。

 

インターナショナル ターゲティング
場所や言語設定に基づいたターゲットユーザーの設定

「サイトにhreflangタグがありません。」
Googleでは、hreflangタグを使ってユーザーの言語設定に合う言語のページを表示します。

『いきなりこんなこと言われても知らんがな・・・』って思いますよね。ちなみに、多言語サイトでない場合でもエラーは出ますが、何ら問題はありません。弊社は多言語サイトなのでここで改めてhreflangタグを確認してみたところ、ついていました。WPMLだと標準で付けてくれるのでありがたいですね。

そんなこんなでモヤモヤしながら、特に何も変更することなく数日が経過。あらためてGoogle Webmaster Toolsの『インターナショナルターゲティング』を開いてみると・・

internationa-targeting2

 

何もしていませんでしたが、ちゃんとhreflangタグは検出されていました。「現在、サイトにhreflangタグエラーはありません」の表示で一件落着です。ただタグ検出が遅れていただけ、というよりはまだクロールされていなかっただけのようでした。グラフのプロットが1週間単位なので、最長1週間待ってみましょう。

ということで、解決策は『待つ』ということです。多言語サイトでない場合にもこのエラーは発生しますが、その場合は単純に放置しましょう、というより放置する以外できることはありません。多言語サイトの場合、『ユーザー・エクスペリエンスを低下させるおそれがありますよ』との警告なので、SEO的にに直ちに影響はありません。

あなたのサイトがWordPressである場合、qTranslateなどのプラグインからWPMLなどの高機能なものに移行してみるのはいかがでしょうか。

2017-02-21T15:45:25+00:00 2015.05.28|Tags: , |

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。