多言語版ページのサイトタイトルやメタタグを変更しよう

>多言語版ページのサイトタイトルやメタタグを変更しよう

多言語版ページのサイトタイトルやメタタグを変更しよう

最近はアイキャッチの設定がどんどん適当になってきています。いつかは直したいのですが・・

多言語版ページのメタ情報(ディスクリプション、キーワード)などを設定できないという声をよく聞きます。WPMLは非常に高性能なツールですが、まだまだ痒いところに手の届きづらい部分が多く、不安定なところも多いですね。せっかく制作した多言語ページでもサイトタイトルは日本語のまま、なんて格好悪すぎますし、SEO的な効果は最悪ですので、是非ここで直しましょう。

ストリング翻訳をここでは使用します。「wpml-string-translation」というプラグインですね、インストールすると、左側のメニュー欄で、「WPML > ストリング翻訳」と進めるようになります。All in One SEO PackとWPMLを同時に使用している方は、このストリング翻訳から逐一変更するしかなさそうです。

まずは一番下、「ストリングの元言語」から。「ストリングが書かれた言語を選択してください。」は、そのまま日本語となっているはずですので、ここで改めて再スキャン。その上にある「翻訳元の自動登録ストリング」はここではそのままです。

次に、一番上の「次を検索」にサイトタイトル(設定>一般 から確認できます)を確認し、そのままコピー&ペーストで持ってきます。

文脈:WP、名前:Blog Title、として、サイトタイトルが引っ張られてきたはずです。「翻訳」をクリックして対応言語版のサイトタイトルを入力しましょう。

注意点として、原文(日本語)のサイトタイトルを「設定>一般」から変更した場合にまたこのストリング翻訳のページに戻ってくる必要があるので要注意です。

All in One SEO PackなどのSEO系プラグインを使用している場合、そこで設定している内容をそのまま検索することで、各文脈をそのまま引っ張ってこれるので、翻訳しましょう。「翻訳が完了しました」のチェックボックスは忘れずに。

2017-02-21T15:45:22+00:00 2015.09.28|Tags: |

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。