ロリポップでBaser CMSがインストールできない場合

>ロリポップでBaser CMSがインストールできない場合

ロリポップでBaser CMSがインストールできない場合

簡単インストールは便利ですが、手順通りにインストールを行ってもエラーが出てしまうという方への備忘録です。

baser-cms

このようなエラーが出た場合、普通なら冷静に1からやり直し・・としたくなりますが、注意です。これ、実はただのロリポップ側の表示エラーで、ちゃんとインストールできています。5分ほど待ってみてから、というより5分ほどすれば入力したメールアドレスに『baserCMSインストール完了』のお知らせが届くはずです。インストール先のURLにアクセスしてみましょう。

慌ててFTPで中途半端にインストールされたであろうファイルを削除・・・なんてしてると時間の無駄です。

ちなみにその後のインストールは

1『インストール開始』をクリック

2

何もエラーが出ていないようであれば、一番下までスクロールし、『次のステップへ』をクリック。

3

データベースタイプは使用しているデータベースタイプを入力します。ロリポップの場合であればMySQLですね。

データベースホスト名:mysqlAAA.BBB.lolipop.jp (AAA、BBBの部分は契約者により異なります)

ログイン情報(ユーザー名):ロリポップ ユーザー専用ページ>Webツール>データベース>ユーザー名で表示されているものです。

ログイン情報(パスワード):自分のページで確認してみましょう。上のページで、『パスワード確認』で確認できますね。

データベース情報:上のページの『データベース名』をそのままです。

プレフィックス:phpmyadminに書き込みされるテーブルのプレフィックス(頭文字)をここで決めることができます。デフォルトだとmysite_ですが、同一のデータベースに1つしかインストールしない場合は自分で分かりやすいように「basercms_」とか「baser_」とかにしておくとよいのではないでしょうか。半角アンダーバーを忘れずに。

ポート;デフォルトで入力されている値を変えないように。

オプションとして、初期データが『M-SinglePage (Default)』と『コア (Default)』と選べますが、M-SinglePage (Default)を選択しましょう。

ここで、次に進むとエラーが出て、どうしても進めなかったりしますが、ここでまずは動かず冷静に(普通動くのが正解だと思いますが)、数時間待ってみましょう。URLにアクセスできなくても待ってみましょう。簡単インストールって、待ってると解決すること意外と多いです。

4

無事ステップ4まで進めたら、あとは簡単ですね。管理用のアカウント名とパスワードを設定すれば終わりです。

2017-02-21T15:45:25+00:00 2015.06.28|Tags: , |

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。