サイトを重くしている犯人を一斉検挙!サイト軽量化でSEO対策

>サイトを重くしている犯人を一斉検挙!サイト軽量化でSEO対策

サイトを重くしている犯人を一斉検挙!サイト軽量化でSEO対策

有名かもしれませんが、P3(Plugin Performance Profiler)です。プラグインの重さって大体頭の中にありますが、プラグイン同士の相性でも重くなったりするみたいですね。定期的にチェックした方がいいでしょう。

P3(Plugin Performance Profiler)は有効化されているプラグインが実際にサイトの重さ(ロード時間)にどれだけ影響しているかを調べてくれるスグレモノ。

インストール、有効化した後、

[Admin] -> [ツール]から[P3 Plugin Profiler]を選択し、さっそくStart Scan。マルチサイトでも問題なく使えるようです。

p3-1

実際にとあるサイトを計測してみた結果がこのようになります。Load時間が割と眺めですが、このように詳細に出してくれるんですね。

p3-2

このように円グラフでも綺麗に出してくれるため、非常に分かりやすく捉えることができます。今回発見したのは意外とFAQ Managerが重いということ。ただの1ページ分でサイト全体を毎回読み込む際に0.1411秒も取られてしまったのではたまったもんじゃないですね。SEO的にも読み込みの遅さは直接的に影響するため、今回はベンチ外とすることになりました。普通に固定ページで記述するのが一番良さそうです。

補足

“My SQL Queries”が以外と163もあることに気づきました。前回は90程度だった気がします。クエリとは、データベースからデータを抽出したり操作したりといった処理を行うための命令のことで、これが少ないほどデータベースとのやり取りが少なく、軽さの指標の一つとして使用することができます。

その他

p3-3

このように、WPコア部分も含めた全体のロード時間を重くしている要因も棒グラフで確認することができます。サイトのコンテンツ部分なのか、WPそのものなのか、それとも導入しているプラグインなのかをトータルで見ることができますね。ライトボックス系プラグインもものによっては非常に重かったりするため、今回改めて再検討することができました。SEOのためには軽さが一番、試してみると以外な結果が待ち受けているはずです。

2017-02-21T15:45:22+00:00 2015.09.28|Tags: , |

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。