window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-42962176-25');

WordPressのマルチサイト化を試してみて思ったこと

最近ロリポップ!レンタルサーバーでいろいろ実験して遊んでいた際に何気なくWordPressのマルチサイト化を試してみました。何かと警告は出ますが、基本的にマルチサイト化で出てくるエラーはあまり気にすることはありません。あと、マルチサイトでいろいろついでにコンテンツも制作してみましたが、あまり不便は感じませんでした。

唯一、BackWPupのみマルチサイトで動かなかったのはちょっと痛かったです。ただ、キャッシュ系プラグインもあまり使いませんし、動かなかったプラグインはBackWPupのみで後はその後に試したものは大抵問題なく動作しました。どこかのブログで、必ずWordPressファイル・フォルダをルート直下に置かなければいけないという話を聞いた気がしましたが、全くそんなことはなく、そのままディレクトリを制作した後にサブドメインもそのままディレクトリに指定してあげれば大丈夫です。

プラグインとの相性

スライダー系、フォーム系、コミュニティ系、セキュリティ系、ライトボックス系、その他諸々BackWPup以外問題なく動きました。

マルチサイト化の是非

マルチサイト、百害あって一理無しなんて言う人いますけども、そんなこと全くないと思います。サブドメインで何かしらしたい方には非常に便利かと思います。いい勉強にもなりますし。ただバックアップ系ツールが動かないのはちょっとヒヤヒヤです。不慣れなもの使うのはエネルギーいるし・・・・

プラグイン本体をいじることが多い方はやめておいた方がいいかもしれません。同じプラグインを名前変えて(1とか2とか)インストールできるのかどうかは知りませんが、プラグインを共有で使うことになるため、サイトごとにカスタマイズして、という風にはちょっと面倒くさくなります。BuddyPressの言語ファイルなんて特にサイトごとに全然書き換えなきゃいけないですからね。

その他気付いた感想

  • データベースのプレフィックスが指定できずに連番になってしまうため管理しづらくなる
  • データベース移行の際はやっぱりちょっと面倒臭い
  • そもそもローカル(InstantWPなど)が基本的にマルチサイト機能に対応していないため、使い方は限られてくる
  • プラグインのインストールが二度手間
  • 入ってるプラグインが確認しづらい(ネットワーク全体で有効なものはサイト単位のプラグインページで確認できないため)

などなどです。結局戻すことになりそうで、ちょっと面倒かもですね。サブドメイン大量に作るとSEO的にもスパムサイトと看做される可能性が、、なくもないですし。ただ、使い方によっては十分強力な機能だなと感じたため、頭から全否定はしませんよというスタンスです。

2019-02-08T17:50:41+00:002015/09/28|制作関連記事|