window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-42962176-25');

検索上位でも意味がない!まずはクリック率(CTR)を高めよう

どれだけ魅力的なホームページでも、どれだけ検索結果で上位にきても、そこでユーザーにクリックされなければ、アクセスされなければ意味がありません。上位に来ていなくても、クリックさえされれば問題ないのです。あなたに与えられた検索ユーザーへのアピールの場は、約30文字のタイトル部分と約130文字の本文部分と少しばかりの文字列です。検索順位が1位でもクリック率が低い、なんてそんなもったいない話はありませんし、逆に検索結果で下の方のサイトでもクリック率次第で上位に来れる可能性があります。

check-google

とりあえず現在の自分のサイトが検索結果としてどのように表示されているのか、改めて調べてみましょう。

自社サイトの順位を調べる際には必ずログアウトした状況、もしくはGoogleにログインしていない別のブラウザ、もしくはCtrl + Shift + N (マックの場合、⌘ + Shift + N )を押したChromeのシークレットモード(Incognito Mode)を使用するとのことでした。それでは調べてみましょう。

・・・どうですか?魅力溢れる、ユーザーがクリックしたい文字列になっていますか?途中で省略されたりしていませんか?

ここで自分の本当の検索順位を見れた方はOK、自分が何位なのか分からない場合(次へ、次へ、を押しても見つからない場合)は、

「site: http://your-website.com」

と入力してみましょう。http://your-website.comの部分にはあなたのサイトのURLをそのまま入れることで、現在Googleにインデックスされているサイトの表示のされ方が分かります。

SEOとはいわば30文字、および130文字で魅力のあるキャッチコピーを作る、キャッチコピー的な能力対決の側面もあります。人気のあるページからでよいので、それぞれのぺージに最適なTitle(タイトル)、Description(説明)の再設定をしましょう。

2019-02-08T17:49:11+00:002015/09/28|制作関連記事|