台湾で話されている言語と『台湾語』のサイト制作依頼について

>台湾で話されている言語と『台湾語』のサイト制作依頼について

台湾で話されている言語と『台湾語』のサイト制作依頼について

中国語で「繁体字」「簡体字」があるのはみなさんご存知かもしれませんが、台湾には様々な言語があります。客家語、台湾語(閩南語)などが代表的な例として挙げられ、その他にも潮州語、広東語(香港の言葉です)などがあります。

結論から言えば、台湾語の翻訳というものは作れません。台湾語は言葉主体の言語であり、書き言葉ではないのです。その他の中華系言語にしても同様であり、言葉そのものの違いとなると津軽弁と沖縄弁以上の差(全くの別言語といえます)ものですが、書き言葉としては同じなのです。広東語にしては書き言葉が発達していますが、友人同士での話し言葉としての表現とオフィシャルなもの(ホームページに載せるような文章)はやはり分けられており、広東語にしても基本的には中国語(繁体字)となります。

2017-02-21T15:45:23+00:00 2015.09.28|

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。