全てのデバイスに優しい設計、レスポンシブ・ウェブ・デザインとは

>全てのデバイスに優しい設計、レスポンシブ・ウェブ・デザインとは

全てのデバイスに優しい設計、レスポンシブ・ウェブ・デザインとは

laptop_phone_tablet

ホームページを閲覧するデバイス(機器)は様々です。デスクトップパソコンにタブレット、折りたたみ式の少し古いケータイで閲覧する方。その他、マイナーなデバイス。それぞれ、ディスプレイのサイズが異なれば解像度も異なりますし、中のシステムも様々異なります。ホームページのアクセス元を解析をしてみると、実に様々異なることが分かります。

各デバイスでは中のシステム=OS(オペレーションシステム、Windows、Macintosh、Android、iOSなどのことです)も異なれば、ブラウザ(ホームページを閲覧するソフトウェア)によっても表示のされ方はまた変わってきます。ディスプレイも色彩の表現数が違いますので、閲覧環境によってはあなたのサイトは真っ白、真っ黒に映っているかもしれません。あなたのホームページが綺麗に表示されているのは、あなたのパソコン(もしくはディスプレイ)のみだった、なんてことは日常茶飯事です。というより、特別にチェックしていない限りほぼそうです。

これらは仕方のない部分も当然あるのですが、問題なのは「ホームページのゴール」である「お問い合わせ」が携帯で見た際に非常に見つけづらい、もしくは表示されていなかった、なんて場合です。これでは何のためのホームページか分かりません。もしくはショッピングサイトなのにスマートフォンからのアクセスでは購入まで進めない、なんてこともよくあります。

be-responsive

せっかく作るホームページ。全てのデバイス(機器)に平等で優しく対応したものを制作したいですよね。パソコンからのアクセスのお客様は以外と少ないもの。60%、70%のモバイルユーザーのお客様を知らず知らずのうちにはねのけたくないですよね。たとえばこのホームページはモバイルユーザーに優しい設計になっています。スマートフォンで閲覧してみても、文字が見やすく自動変形されますし、もしくはブラウザを半分などにしてご覧になってもいいかもしれません。横スクロールバーが発生せず、常にウィンドウのサイズ内に綺麗に収まる作りになっています。

こういった、閲覧環境によって自動的に調整するデザイン設計を、レスポンシブ・ウェブ・デザインとよび欧米では主流になっています。GoogleもSEOの評価基準のひとつとして、モバイルユーザーに優しくないホームページには良い評価を与えません。相対的にみればマイナス評価を与えられていることと同じです。弊社で制作を請け負うホームページに関しては基本的に全てレスポンシブ・ウェブ・デザイン対応(モバイル対応)となっています。

2017-02-21T15:45:24+00:00 2015.03.01|

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。