スラッグ研究会 ~privacy-policyなのかprivacy-statementなのか~

>スラッグ研究会 ~privacy-policyなのかprivacy-statementなのか~

スラッグ研究会 ~privacy-policyなのかprivacy-statementなのか~

ファイル名潔癖症を患っているため、全てのフォルダ名、ファイル名、スラッグ名などに関して自分なりに納得しないと本当に落ち着きません。

『個人情報保護方針』や『利用規約』に関しては、何となくの雰囲気で”privacy-statement”と”user-agreement”で統一していましたが、最近のアメリカ発のウェブサービスの下の方を見ていると、何となく”privacy-policy”と”terms-of-use”が多い気がします。

“sitemap”なのか”sitemaps”なのかなども気になりますが、まずはとりあえずGoogle Trendsで調べてみることにしましょう。正しいのか間違っているのか、というより、多数派なのか少数派なのかということです。どっちも間違っていないと思いますし、検索結果に影響などまず出ないでしょうが。

ちなみに、2014年8月現在、『個人情報保護方針』と『利用規約』があるサイトは「信頼性のシグナル」をGoogleに発信するとして、ある程度検索順位の面で優遇されるそうです。以下のデータはJavaScriptによるもののため、表示されない場合はブラウザを変更してみたりしてください。

すべての国 – 個人情報保護方針

アメリカ合衆国 – 個人情報保護方針

日本 – 個人情報保護方針

すべての国 – 利用規約

どうでしたか。スラッグ設定の参考となれば幸いです。

2017-02-21T15:45:24+00:00 2015.08.23|

About the Author:

弊社は台湾を拠点として、中国(北京、上海、広州、深セン)、香港、韓国などアジア各国のWEB関連会社と幅広いネットワークを形成するWeb制作会社です。高度なWEB技術と翻訳力をベースにWordPressなどのCMSを中心としたHP(ホームページ)作成やSEO、リスティング広告などWEB関連業務を幅広く請け負っています。