window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-42962176-25');

台湾でのサーバー契約第三回

前回に引き続き、台湾でPCHomeのサーバーを契約してみようという挑戦コーナーです。

https://

[xxx]:8443

メールに添付されていた説明書(Pleskの使い方)は全て中国語ですが、読んでみると、まず上記にアクセスしなさいとのこと。[xxx]は前回のメールで返信することを求められた、[1.開通主機的域名]ですね。

取得したドメインには特にSSL証明などは行っていませんが、誘導されるドメインはhttps://から始まります。ほんまかいな、と思いながらアクセス。ちなみにDNS設定がちゃんと浸透するまではアクセスできません。

taiwan-server-mail4

めっちゃ警告してきますが、説明書では「そのまま問題ないから続行しちゃって」と支持しています。頭の中の虫がホンマカイナって叫び続けてますが、ここは『このまま続行』をクリックします。

移動先はこちら:

https://xxx.com.tw:8443/login_up.php3

taiwan-server-mail5

こんな感じです。

用戶名:
密碼:
介面語言:

それぞれ
アカウント名:
パスワード:
表示言語:
を指します。

アカウント名っぽいアカウント名ってあったかな?なんて思いながら探します。PCHomeのアカウントは違うし?特に貰ってません。貰ったメールで”用戶”で検索しても出ないのは不親切。初期設定がまだのため、どちらかを空欄で送信なども無理。

結局、用戶名は[開通主機的域名]で指定したドメインでした。当然ですがwwwを含まないものです。それにしてもパスワードが分からない!

taiwan-server-mail6

パスワードを再発送することに。PCHome(Wis)登録時のメールアドレスが分かればOKです。このように進みます。

保密代碼には龍のようなコードが入っていますが、ノータッチのまま記録しておきましょう。

新密碼(新しいパスワード)ですが、数字が入っていないとダメなようです。

taiwan-server-mail7

入れた!

次回へ続きます。

2019-02-08T17:47:19+00:002015/08/29|制作関連記事|